洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法金剛院の観蓮会
法金剛院の蓮花


「花の寺」とも呼ばれる法金剛院は、京都市内のやや西より、妙心寺という結構有名なお寺のちょい西に位置します。
妙心寺が何で有名かといえば、お寺の規模の大きさ(北門から南門まで、まー時間のかかること!)と、6月の雨中に咲く、"沙羅双樹"の花。
平家物語の導入部に出てくるアレですね。
あれが妙心寺の東林院の名物、もとえ名花なのです。


妙心寺・東林院の入館料は、お茶付き券で千円以上しますが。まあ綺麗なものです。
ちなみに沙羅の木や花は結構あちこちの場所にあります。
それが二つ並んでいるから双樹(=二つの木)というだけで。
東林院の最初の沙羅の木は残念ながら枯れ朽ちて、いまはその子どもたちが庭のあちこちに育っています。
これからは沙羅双樹ではなく、沙羅の林と呼ぶべきかもしれません。

そう。
そして、その沙羅の木はこの法金剛院のも存在します。
大きなとおりに面した門を入り、二つ目の門の前、寺内を絵地図で表したその看板のすぐ横に…沙羅の木があります。
6月は菖蒲と紫陽花の最中でしたが、同じように沙羅の白い花も咲いておりました。

お寺の庭は、その中心部に池のあるもので、その池の周囲に花が咲き乱れ、或いは花の鉢をならべ、見学者は池の周囲を回りつつ花をめでます。

一月経った7月は蓮の花が盛り。
これは庭のほとんどを占める池に、その池が見えなくなるほど密集して、人の背丈を越す高さにまで茎を伸ばして花をつけます。
白い花、淡いピンクの花。
九重の蓮の花は、まるで牡丹の花を髣髴とさせる気品と高貴に満ちています。
「花の寺」の名は、この色とりどり、種類も豊富な蓮の花を咲かせるところから冠されたようです。

法金剛院の白蓮


菖蒲も紫陽花も蓮も、さほど大きくは無いこのお寺に溢れんばかりに咲き乱れる、この世の極楽を模したのもうなずける、そんなお寺です。

ただし。
たったひとつ、これにはご注意を。

7月は、いやいや6月でもすでに、気の早い"蚊"が貴方の足元を狙ってくるのです。


【蓮】
蓮3

2004年7月撮影。
法金剛院。

ここは蓮と菖蒲で有名なお寺。
特に蓮は、「観蓮会」を開催。
7月の開花に合わせて早朝から開門、早起きさんに蓮の花を楽しむひとときを提供してくれる。

池一面に花開く、人の背丈より大きな蓮が圧巻。


蓮2


同じく法金剛院にて。
真っ赤ではないが、染料を垂らしたような赤い色が目を惹く。
葉脈ならぬ、花弁の筋がくっきりと美しい。

白蓮


まるで薔薇の花、あるいは牡丹のように咲く蓮の花。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/79-202c8bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。