洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治十帖の地へ
今年は源氏物語が発見されて(というか、文書のなかにその存在が確認されて)千年目の記念年。
そんなわけで、京都市内はせっせと観光客の誘致に励んでおりますが…。
同様に、ここ宇治もまた、「宇治十帖」の地でありますから、せっせと観光誘致を行っているのでありました。おかげで往復の京阪電車は満員……。


皐月といえば、藤の綺麗な季節。
藤といえば城南宮かここ、宇治の平等院と決まっておりますゆえ、われらも毎年この時期になるとのこのことこの界隈に姿を現し、翠を愛でつつ、あちらへふらりこちらへふらりとうろつくのでありました。


【平等院門前の藤】
平等院の藤
 (シルキーソフトフィルターB使用)

最大目的は平等院の藤…入場料600円を支払っても惜しくはない美しさゆえ、毎年訪れております。
ところがところが!
長い行列に並んでいたところ、どうも藤の様子がおかしい。
枯れているの???
親切な警備員さんいわく
「今年の藤は駄目だ。それだけ見に来たならここ(門前)で見る方がいい」
とのこと。
なるほど、門越しに見る平等院の藤棚は、なんだか茶色に染まっている。
……
単に枯れた、というだけではなく、今年の藤は「だめだ!」なんですね……
五月初頭のフェーン現象で、咲ききらずに枯れたのだろうか?

とりあえず。
門前の無料(!)の藤棚を観察し、写真を撮り、引き返すことにしました。
だって勿体ないもん~平等院の中は鳳凰堂の修復も成って馬鹿ほど混んでいるし(笑)


【参道の藤】
参道の藤2
(シルキーソフトフィルターB使用)

参道の商店(門前町?)にも藤の花はたくさんあるわけで。
どちらかというとこっちの方が…綺麗かもしれません。

濃い紫の藤の花。
これは今が一番の見ごろのようです。


【宇治神社の白い花】
宇治神社の白い花
(シルキーソフトフィルターA使用)

仕様がないので、対岸に渡って宇治神社へ。
緑の萌える五月ゆえに、あれこれ花も咲いているかなーと思ったんですけどね。
よほど暑かったと見えてツツジも枯れかけ。
かろうじて、草葉の蔭、もとえ、日陰の花が元気よく咲いておりました。

これもそのひとつです。


【狛犬】
宇治神社の狛犬
(シルキーソフトフィルターA使用)

宇治神社の狛犬……。
なにか遠吠え、否、"泣き"そうな顔をしていませんか?
不思議な表情です。



【宇治上神社のつつじ】
宇治上神社のつつじ
(シルキーソフトフィルターB使用)

実はここは世界遺産だったりします。
古いふる~い神社です。

宇治神社の上に位置するのですが、宇治神社と宇治上神社を混同し、宇治神社で引返してしまう観光客もいるようです。
せっかくここまで来たのにもったいない~。(普通の神社と世界遺産では違いすぎる…!)
もうちょっと足を延ばして~。(わずか数十メートルの距離だもの)

ピンクの躑躅が光の中、踊るように花開いていました。


【宇治上神社の欅】
宇治上神社の欅
 (シルキーソフトフィルターA使用)

見上げれば、やたら大きな…ケヤキ。
参拝者に緑陰を与える心温かい大木です。

今の季節、その緑のグラデーションがとってもきれいでした。
「目に青葉」
ほんに眼福・眼福。


【世界遺産・宇治上神社】
宇治上神社


広角レンズならなんとか~。
それにしても世界遺産をパシャパシャと、本殿の格子の中までカメラを突っ込んで写真を撮る人の多いこと…罰があたらんのかなぁ?
こわこわ。






にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
【源氏物語千年紀】
源氏ポスター


ポスター。
Tシャツやポロシャツなどのグッズも販売中(数量限定、売り切れ御免)
なかなか素敵でした。(←Tシャツ買った)
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/53-955ac92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。