洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都十六社巡り ~今宮神社~
16社 今宮


京都十六社のなかでも有名な一神社。
それがこの今宮神社。
なにが有名って…東に隣接するふたつの「あぶり餅や」が有名で、最近ではバスで乗りつける観光客もいる。

別名紫神社。
というのは、この場所が紫野今宮町だからか。

祭神:大国主命・事代主命(ことしろぬし)
摂社疫神社にはスサノオノミコトが祀られている。
平安時代の初め、疫病を祓う為にこの地に祭られたのが始まり。
正暦5(994)年に疫病の流行った時、朝廷はみこしを二基つくり、鮒岡山に疫神を祀って御霊会をおこない、難波の海にこれを流した。
長保3(1001)年の疫病流行時には勅使をつかわして東遊・走馬などをして奉納し、一貫して疫病退散の神と祀られてきた。

春に行われる"やすらい祭り"は、疫神を鎮める鎮花祭で、太秦の牛祭、鞍馬の火祭りとともに、京都の三大奇祭と言われている。

隣接する炙り餅屋のあぶりもちは…これを食べれば疫神が祓える、といわれている。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/47-c3ec03de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。