洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都十六社巡り ~市比賣(いちひめ)神社~
16社4


女人厄除 祈願所
…ということで、女性の参拝者が圧倒的に多かった。

我々がご朱印を貰い、参拝する、その数十分の間にも、次々と女性のお参りが…しかし結構年配者が多いのはこれいかに?

御祭神は、
神大市比賣命
市寸島比賣命
多岐都比賣命
多紀理比賣命
下照比賣命

と、女性神がずらずら並ぶ…のも女性の為の神様であれば当然であろう。

厄除けのみならず、女性の願い事にご利益有。
全国からの参拝者が絶えない。
平安時代より市場の守り神である市比賣社は、多くの人々で賑わっていた。
昭和2年、日本で初めて開設された「京都中央卸売市場」(京都人はなんでも一番最初が好き!)(笑)には、分社の市姫神社が祀られている。
「五十日百日之祝」(いかももかのいわい)は、生後50日目か100日目に、市比賣命神社より「餅」を授かり、子供の口に含ませる。
すなわち、所謂「お食べ初め」の発祥としても知られている。
源氏物語にも記載あり。


……はいいんですけどね。
初めて行ったら吃驚するよ、この神社。
「ちょっと判りにくいよ」
と道を尋ねたとき、地元のおじさんが言うたはずやわ…(笑)というぐらいには。

それに、なんと、神社の、神様の上に……!
嗚呼!


まー、行って自分の目で確かめてください。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/41-bd2656f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。