洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庚申さん
東山区・金剛寺
2008年1月 撮影
庚申祭2008

真っ赤なお猿が目印。
八坂の塔のすぐ近く、庚申さんはおいでになる。
ここいらの民家の軒下には、この真っ赤なお猿がたくさんぶら下がっている。

庚申さん。
それは、人の悪事は見逃さず、人の欲望を諌める仏さんである。


新年明けて、1月21日は初弘法であると同時に、大寒で、そして初庚申の日でもある。
庚(かのえ)と申(さる)の夜中、眠った人の体から三尺の虫が抜け出して、その人の善行・悪行を天帝(寿命を司る神さま)に報告、その人の寿命を縮めたり延ばしたりするという…怪談よりコワイ話。
眠らなければ虫は報告にいけないので、嘗ては徹夜をしたという。
笑い話ではなく、本気の話。

真っ赤なお猿が手足を括られて吊り下げられているような"くくり猿"は、人間の欲望を押えなさい、という意味を表しているのだ。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/39-9381278f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。