洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨神社の流し雛
【桃の節句】
下鴨神社の流し雛3

お雛様の原型は、厄を流してしまうこと。
そして生まれ変わること。

この小さなお雛様が、われわれの過去を清め、未来を拓いてくれるわけです。
下鴨神社では、昔からのしきたりに従って、桃の節句には御手洗川にお雛様を流します。

この人形は有料で販売されています。
(大)が千円、(小)が500円でした。



【雛を流す】
下鴨神社流し雛1

この年に結婚する男女(多分氏子だと思う)から選ばれた代表が、男雛と女雛に扮してお雛様を流します。
女性は十二単……!
うわぁっ!てところです。
何十キロあるんだろう…?(力仕事ですね)

宮司さんや役員さんたち、招待客の流し雛が終わったら、我々一般人も、購入したお雛様を流すことができます。



【御手洗川】
下鴨神社流し雛2

夏にはこの川に膝まで使って身を清める神事があるのですが…もちろん、皆が流した流し雛は、途中の堰でストップです。
流してしまったら環境汚染になりますから。
そこんとこ、抜かりはありません(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/33-7fb482f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。