洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年の紅葉狩り ~西~
【大沢池】
大沢池の紅葉2005

右京区・大沢池

この年の紅葉は見事だった。
朝早起きして、出かける価値は十分あった。

ダウンを着て、
マフラーをして、
手袋を嵌めても、
寒い。
寒い。

でもその価値はあったよね。
こんなに美しいものを見ることができたんだから。




大沢池の秋2005
ちょうど東の方角から日の光が差し始めてきたところ。
きらきら光るのは池面に反射した日の光。




【宝厳院】
宝匡院2


吼える獅子の紅葉。
そう言われている。

嵐山・大覚寺のすぐそば。
一般公開されたのは数年前のことだが、すでに多くの人を呼び寄せる。

最近は夜の拝観(ライトアップ)も行われているが、山の差し迫ったこの土地で、こんもりしげった木々の下、何を見るかはその人次第だ。

宝匡院3


濡れ落ち葉…ではない。
決して濡れてはいないのだが。
こうして見ると土以外でもそれなりの情緒は出るものか。


【二尊院】
二尊院1


ここもまた、紅葉の名所だ。
毎年どこかのテレビ局が取り上げ、観光客を増やしてゆく。
京都市となにか協定でも結んでいる…?

二尊院2


本殿には五色の幕を張って、なかなかににぎやかなしつらえである。
奥ではお茶席も設けられる。



【宝匡院】
宝匡院


数年前より公開される。
美し紅葉の絨毯が見られるお寺。
ただし、三脚・一脚の落ち込みは不可。
他の見学者の邪魔になるようなことも不可。
厳しい態度で臨んでいるお寺である。
当然のマナーばかりなのだけれど。



【落柿舎】
落柿舎


柿が似合う、というよりこれしかない、という場所かな、と。
(見るからに、渋柿のようだが)
建物の中には入れません。
また、敷地自体が広くないので見学者がたくさん入ると、とんでもないことになる場所である。



【祇王寺】
祇王寺


みどりも紅葉も雪も美しい。
小さなお寺だが、なんと贅沢なんだろ、と思う。


【鳥居本】
鳥居本


ここ数年のお気に入りの場所で、紅葉といえば来る。
雪が降りそうだと思えば来る。
降ったと思えば来る。

そのたびにこのお茶屋「平野屋」で一服しています。

背景の鳥居は、愛宕山の一の鳥居。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/22-2e00f0f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。