洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年のさくら
【車折神社のさくら】
車折神社の桜2007

毎年早々に咲き始める、早咲きのさくら。
いつものように。
かわることなく。
淡々と。
春を告げる。



車折神社のさくら20072

同じく、車折神社の桜と梅と競い咲き。
白とピンクが前に後ろにと春色を競う。




【車折神社のしだれ梅】
車折神社のしだれうめ2007

桜の季節になってもしぶとく、もとえ、美しく咲き続けるしだれ梅。
その可憐さに敬意を表して。





【宇多野の椿寒桜】
宇多野の椿寒桜1

これもまた、早く咲くさくら。
ここが宇多野の病院の駐車場、とは思えない桜の並木が一斉に花開く。
目ざといメジロがさっそく蜜を求めてやってくる。


宇多野の椿寒桜2

人がいようがいまいが…目白にはあまり関係ないようです。


【大石神社のさくら】
大石神社の桜

山科区・大石神社

ここも立派なしだれさくらで、見越しの松、ならぬ"見越しの桜"となっています。

大石が誰かって?
京都で山科で大石、といえば、赤穂浪士の大石内蔵助に決まりでしょう。



【二条城の桜・夜景】
二条城


厳密には二条城を背景にした、堀川通りの街路樹であるところの桜の木、であるけれど。
毎年毎年桜並木に花が咲いて、通勤通学の地元民の目を楽しませてくれる貴重な桜なのです。


【地蔵院のさくら】
地蔵院のさくら1

京都府綴喜郡井手町・地蔵院

とーっても遠いです。
JR奈良線に乗って、そこそこ掛かります(だいたい奈良線は本数が少ない)
駅を降りてからお寺まで、えっちらおっちら歩きます。
まず川の土手を。
田畑の中を。
住宅地を過ぎて坂を上がって…。
はぁ、疲れる。

でも、それだけに桜の下のベンチに落ち着いて眺める市街の眺望は最高です。

そして!
ここの枝垂れ桜は、京都市・東山区の円山公園にある枝垂れ桜(最近めっきり年をとったねぇ)の伯母さんだか従弟だか…とにかく、血縁だそうで、そう言わればそこはかとなく優雅さも…?(笑)

地蔵院の桜と桃

地蔵院から市街を眺めると…畑に桃の花が…。
いいですよねぇ。
桃。
私はこの花も好きです。
残念ながら関西にはここといって桃の名所がありません。
和歌山の桃ぐらいかな?
甲府とか岡山のような(どちらも見たことがないけど)、壮大な桃の園…いやいや、どうせなら"桃源郷"を見てみたい!
そう思います。



【松ヶ崎大黒天のさくら】
松ヶ崎大黒天のさくら2007

左京区・松ヶ崎大黒天

実は…観光ではなく法要で、行ってきました。
京都のはしっこの、山の中のお寺です。

桜がまだ、残っていました。



【常照皇寺の九重さくら】
2007常照皇寺の九重桜

最後はこの桜で。

北のお山の向こうの里、その山寺の境内で咲く枝垂れ桜は、なんと"天然記念物"です。
京都市内中心部に比べると、気温がぐんと下がるので、桜の開花は半月ばかり遅れます。
よって、市内の桜を見つくしたら、最後はここで締める、というのが恒例。
ただ、最近は桜の開花が早くなって…残念至極。


【仁和寺のさくら】
仁和寺1


ここの桜は遅い。
遅くて、花(鼻)が低い、不細工な女の代名詞(隠語)として使われてきました。
今ではファンも多くて、けっして不細工でもてないわけではなさそうですが。

仁和寺2


仁和寺の桜が終わるころは、吹く風も暖かく、初夏の香りを運んできます。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/21-79aae2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。