洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kobe  Luminarie ~ルミナリエ 2008~
兵庫県神戸市
2008年12月13日

遠いような近いような…
私鉄の特急でたっぷり2時間以上かかるのは、やはり遠いのかもしれない。
京都から梅田(大阪)、乗り換えて、神戸は三宮へ。
1995年1月17日に阪神大震災で亡くなった数多くの人々のための弔いの、光と鐘。
そうして始まった神戸ルミナリエはすでに14回を数える。

今年のテーマは≪光のインフィニート≫


【フロントーネ】
ルミナリエ

点灯式に間に合わなかった…のは初めてのこと。
いえ、時間までには現地に到着していたのですが、交通整理に引っ掛かり、点灯式を見ることのできる場所までたどり着けなかったのです。(列はビルの谷間を曲がりくねっているので)
人が多すぎて…。

嗚呼、残念!

【硝子に映り込む】
ルミナリエ2

有名ブランド店のウインドウに映り込んだフロントーネの光。
なんだか宝石の結晶が散ったかのようで華麗でした。

ルミナリエ3

フロントーネの俯瞰です。
なんか好きなんです、こういうのが(笑)

ルミナリエ4

ガレリア一歩足を踏み入れれば、そこはもう光の渦のなか。
真昼のように明るい場所です。

ルミナリエ5

光の芸術はなんと270m続きます。
もともとイタリアで行われていたお祭りで、現地では廃れてしまったのが、今こうして神戸で行われているわけです。
世界は狭い。


ルミナリエ6

ガレリアの終点近く。
向こうにスパッリエーラが見えてきました。

【スパッリエーラ】
ルミナリエ7

正面奥には命の響きを伝える光の記念堂 カッサ・アルモニカが見えます。
(私にはやっぱりパ〇ナスのお菓子の家に見えて仕方がないんですけど…)(笑)

このカッサ・アルモニカの屋根の下には募金箱と、とても可愛らしい音を響かせる鐘(ベル)が数個(10個ぐらい?)吊るされていて、お金を投げて鐘をならそうという人間が順番待ちをしています。
鐘が鳴るまでお金を投げ込んだり…う~ん。
何か違うような…。

ルミナリエ8

どこから見ても、きれいです。
周りをぐるりと一周取り巻く光の壁がスパッリエーラです。
円の中央に入り周囲を見回すと、本当に光の中にいるんだなぁと実感します。
一周、なんと140mあります。

ルミナリエ9

壁の真下より。


ルミナリエ10


この光の美しさと量には本当に圧倒されます。
未見のかたはぜひとも、資金不足でなくなる前に、この美しい光の祭典を見に行ってください。
人は多いし、待たされるし、疲れる……けれど、後悔はしないとおもいます!
なにしろ私たちは今まで2回しか見落としてません…というぐらい癖になります(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
ルミナリエ11

なんだか砂糖菓子みたいで面白いなぁ…と。
パル〇ス♪を思い出します。

ルミナリエ13

資金不足で、毎年開催期間が短くなっていくルミナリエ。
単なる観光資源としてではなく、震災時の人の心の温かさとか一致団結する強さとか、人もまだまだ捨てたもんじゃないよな、という気持ち。
そう言ういろいろなものをもう一度確認するためにも無くならないでほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
おめでとうございます☆
明けましておめでとうございます☆

昨年は重陽の節句を機にお知り合いになれて、ブログも楽しませて頂いて嬉しく思います。
またどこかでひょっこりお会い出来たらいいな。

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

P.S ルミナリエ、今年も行かなかったので、翠雲さんとこで楽しませてもらいました(^^)
【2009/01/02 11:20】 URL | はるみん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/26 21:58】 | # [ 編集]

Re: おめでとうございます☆
>いつもありがとうございます♪

遅ればせながら、今年もよろしくお願い致します♪
【2009/02/07 17:08】 URL | 洛中閑人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/203-dcb1dd4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。