洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花王・牡丹
京都府長岡京市・乙訓寺
2006年5月 撮影

otokubidera no


乙訓寺は牡丹で有名です。
境内一杯に赤・白・ピンク・黄色…とさまざまな色彩の花が咲き乱れ、力を持ち、熱くなり始めた陽光を浴びながら咲き誇ります。
その姿は花の王、といわれるのにふさわしい…。


乙訓寺の牡丹2

牡丹が皐月の花とは言え、厳しすぎる陽光はお肌の…もとえ花の天敵。
そんなわけで傘をさします。
冬の牡丹・寒牡丹の傘は雪予防ですが、初夏の牡丹は太陽予防です。
意外に繊細な花…?

和傘や蛇の目などが差しかけてあると絵になりますが、いかんせん、そういう傘はとってもお高いんです。


乙訓寺の牡丹1

深紅の牡丹。
牡丹が山のようにある場所でも、さすがに目立ちます。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/17-b47f02e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。