洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上賀茂神社・観月祭
2008年9月14日 
上賀茂神社 にて撮影


仲秋の名月の今日、上賀茂神社の観月祭へ出かけてきました。
今夜は、京都市内の寺社(たとえば下鴨神社、大覚寺、平野神社など)では、同様に仲秋の名月を愛でる観月の宴(笑)が開かれています。


【準備中】
上賀茂神社・観月祭1

夕方4時半ごろです。
早く着きすぎたので、芝生にピクニックシートを敷いてぼ~っとしていました。
陽はまだまだ暑かったのですが、風が気持ちよく、お昼寝するのに最高のコンディションでした。
(出来なかったけれど…)

【薄&萩&奉納品など】
上賀茂神社・観月祭2

左の端っこにちょっとだけ見えているのが薄と萩です。
薄だけではなく、萩も活けるのか~と思いました。

【舞】
上賀茂神社・観月祭3

お祓いと祝詞の後に始まったのは奉納行事の舞です。
≪抜頭(ばとう)≫
という題名で平安雅楽会によるもの。

上賀茂神社・観月祭4

天平年間(729~748)に、婆沙羅僧正と林邑の僧・仏哲により伝えられたと言われています。

上賀茂神社・観月祭5

内容は、猛獣に父親をかみ殺された胡人の子が、山野を探し求めてついに父の仇を討ち、歓喜する姿を舞にしたと言われています。

中国の話だとしたら、猛獣というのはやはり虎でしょうか?
ちらりと「水滸伝」を思い出しました。

上賀茂神社・観月祭6

もう一つの説としては、漢(中国の王朝名)の后が、嫉妬に狂う様を模したものとも言われています。
そういえば、天を仰いで嘆いているか歓喜しているか…という姿に見えます。

上賀茂神社・観月祭7

確かに…。
動きが激しくて薄暗い(完璧な日没ではないにしろ)中での望遠での撮影は辛い…(笑)


上賀茂神社・観月祭8

奉納舞というと、今まではのんびりした舞いしか見たことがなかったので、この<抜頭>はとても新鮮でした。

【後ろ姿】
上賀茂神社・観月祭9

参考までに(笑)

【灰かぶり】
上賀茂神社・観月祭11

皆、真剣な表情で舞台を注視しています。
そしてそんな私たちの頭上にひらひらと…灰が(笑)

【篝火】
上賀茂神社・観月祭10

灰の原因はこれです。
まぁ仕方がないんですが…今日は頭を洗わねばならないでしょうね。

【仲秋名月】
上賀茂神社・観月祭12

7時30分ごろです。
舞台の背景に月が上がっています。
無事に上がったのは嬉しいのですが、なんだかぼけてる~?

ま、雨も降らずにちゃんと見えたことに感謝いたしましょう。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

【公示ポスター】
上賀茂神社・観月祭B1

行事の内容はこれでチェックします。
「先着300名さまに…」
に注目!!です。

【行列】
上賀茂神社・観月祭B2

整理券の配布は5時頃から。
月見団子をもらうため、整理券(300名分)を求める列ができました。
あっという間…そうですね、10分ぐらいかな?
それで整理券はなくなりました。

私たちは…もちろんゲット済みです(笑)

【月見団子】
上賀茂神社・観月祭B3

休憩時間(イベントが休止している)にお団子の配布がありました。
亀屋良長製…ってちょっと待って、それって家のご近所ですやん。
番茶のサービスもあり、ほくほくです。

濁り酒はすべてのイベントが終わってからの配布になったのだと思います。
私はお酒は駄目なので、また、バスが混むといやなので、早めに退散しました。
バスはどうやら増発していたようですが…。

なにしろだだっ広い芝生のあるところなので、少々の人が押し寄せてもしっかり飲み込んでしまいます。
おかげで芝生に足を延ばしてのんびりゆっくり過ごすことができました。
視界も広いですしね。
観月祭は、大覚寺、下鴨神社と参加してきましたが、上賀茂神社が一番ゆっくりできたかな、と思います。
入場無料だし(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
羨ましい~
こういう行事は京都に似合ってますね~
まだ行った事ないです

今は腰を痛めて静かにしている所です

この間は下鴨神社の古本市に行ってきましたが
上賀茂神社はまだ行った事ないような・・
下鴨神社と上賀茂神社って・・こんがらがる~(笑)
【2008/09/15 19:52】 URL | yume #8g7ZE2Jk [ 編集]

yumeさまへ。
観月祭はどこも工夫を凝らしていて、とても楽しいです。(涼しいし)
ただ帰りが遅くなるので、遠方だと…ちょっと無理がありますよね。
それに体調が悪いと近くても出掛けられませんし。
来年、参加できればいいですね。

逆に私は下鴨神社の古本市には行ったことがありません。なんだかめまいがしそうで…(笑)

コメントをありがとうございました。
【2008/09/15 21:20】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]


観月祭、あちこちで
催されますが上賀茂は
歴史もあり荘厳な感じですね。

月の撮影は
難しいですよ。ホント!
実際にその風情とともに見られて
とても羨ましいです。
【2008/09/15 22:24】 URL | 松風 #- [ 編集]

松風さまへ。
お月さまって…難しいですね。本当に。
ついつい、皆さん綺麗に撮っておられるのに…と思ってしまいます。

仰る通り風情はたっぷりでしたから、私はラッキーだったのかもしれません。
月見団子も貰えましたし(笑)

コメントをありがとうございます。
【2008/09/15 22:41】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]

優雅
本当に京都らしいですね。
暗い中、しっかりと撮ってらっしゃいますね。
大覚寺などへも行ってみたいのですが、人混みを考えると・・・
でも、こちらはゆっくりと出来そうなので、一度行ってみたいです。
月見団子と濁り酒を目当てに(笑)。
【2008/09/16 08:38】 URL | zuboratatou #SFo5/nok [ 編集]

zuboratatouさまへ。
上賀茂神社では、のんびりできることは間違いないです。
帰りのバスも、やたら見ましたので、多分増発されていたと思います。

大覚寺は、年々人が増えてきているみたいで、「あっちは大変」と上賀茂神社の方も(観光客の質問に答えて)仰ってました。

下鴨神社は杜がうっそうとしているのでお月さんが見つけづらかったし…(笑)

なによりお月見団子が美味しかったですから(笑)
ぜひ来年はご参加ください。

コメントをありがとうございました。
【2008/09/17 02:55】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]

お月見
翠雲さんこんばんは。

夜の上賀茂神社いいですねぇ。
照明でなくかがり火というのがまたなんとも。
8枚目の神楽(?)の写真も足のブレがいい感じです。
なかなかこうは撮れないですよね。

僕は連休中には大覚寺にいったのですが
(翠雲さんの過去記事も参考にさせて頂きました。ありがとうございます)
初めてだったので人の多さも気にならず楽しめました。
写真も撮影したんですが、結果は惨敗で・・・
【2008/09/18 23:41】 URL | でか #PQjMP/2Q [ 編集]

でかさまへ。
こんにちわ!
今見て、7枚目と8枚目の写真の雰囲気がダブっているのに気が付きました(遅い)
大覚寺!人が多くて大変!の代表格の大覚寺に行ってこられたんですね~。
龍頭船には乗られましたか?
入場料+乗船料でえらい高いことを書いてあったうように思います。私が行ったとき、入場料…こんなにとられたっけ?と思いながら新聞を読んでました。
船は動くので、撮り辛いし、人が多くて撮り辛いし、苦労したことを覚えています。(おまけに三脚を持っていかなかったし)
でか様の写真…は、見られないのでしょうか?残念。

上賀茂さんは広くてのんびりしていてリラックスできましたよ。
ぜひお試しくださいね。

コメントをありがとうございます♪
【2008/09/19 11:34】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/164-bf1bfc85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。