洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園・たに本
2008年9月6日
祇園・たに本 にて

9月の第一土曜日の今日、叔母と一緒に祇園でお昼ご飯を頂いてきました。
…って、祇園で食事って初めてじゃないかな?
あ、昔々河豚を食べに来たこととはあったか…会社の専務に口を聞いてもらって…。

スイーツならともかく、まあとりあえず、私ら庶民が気楽にご飯を食べるような場所でないことは確かです。

【外観】
祇園・たに本14

お昼なのでさすがに空いています。
9月最初の週末は、観光客もまばら。
そのかわり、歌舞練場のご近所にある例のチケット売り場が盛況で、警備が車や人の整理に余念がありませんでした。
大変やな~JRAも(笑)

さて。
目的地は場外●×▽…ではありません。
花見小路を南に下がって、西へ入るとお店が見えます。

祇園・たに本13

お昼どきは浴衣でお稽古とかじゃなかったっけ?
盛装の舞妓さん芸妓さんにもたくさん出会いました。
いま何かやっていたっけ…??


【いかにもな…】
祇園・たに本11

京都!を凝縮しているかな?
古いポスト。
火の用心のお札は愛宕神社"風"。
奥のポスターは白峰神社のお祭りのお知らせ……って崇徳天皇さんの?
コワコワ……。

【階上からの眺め】
祇園・たに本9

しまっている窓を開けて…失礼しました。
石畳が綺麗ですね。
男性が向かっている先の、左右の通りが花見小路です。

祇園・たに本16

部屋の調度はシンプルに。

祇園・たに本15

祇園・たに本10

急須には"福"と"寿"。
お茶は頼めば何回でも入れてきてもらえます。

【箸袋】
祇園・たに本17

料理の前、お茶を運んでこられた時に「○▽さんのお知り合いですか?」と料理長から尋ねられました。
内心に『出た~?!』と思いましたが、"一見さんは御断り"、というお店ではありません。
お友達のお友達で(私ではなく叔母が、だけど)という答えで納得してもらった様子です。
次回からは私が電話してもちゃんと予約は取れそう…な感じでした。

ただ、席数が少ない(1階はカウンター、2階は座敷で8名程度入れます)のと、"常連さんを大事にしている"のでHPは作らない、また、料理本の紹介はお断りしておられるのだそうです。
一気に人が増えると常連さんが締め出されますからね…。
なるほど。
確かに、と納得です。


【お昼のおまかせ懐石】
祇園・たに本8

ずいきは白ゴマ。
うなぎは酢漬け。
あっさりと。

ずいきってこんなに美味しいものですか?と聞きたくなるお味です。
北野さんのお祭りにずいきで作ったお神輿がありました…と、どうしてもそれを思い出します。

【揚げ物】
祇園・たに本1

ぎんなん・れんこん・枝豆・白身魚のすり身にしょうがごぼうの天麩羅。
お魚のゴボウ巻き。


【刺身】
祇園・たに本2

鯛と烏賊のお刺身
烏賊が…実は私は苦手なのですが、柔らかくってとっても美味しい!

【茶碗蒸し】
祇園・たに本3

茶碗蒸しはおだしが半端じゃありません。
なにこれ、なんておいしいんだろう~♪

海老、百合根入り。


祇園・たに本4

マナガツオはすだち醤油をつけて食べると美味♪
長いもと。

祇園・たに本5

菜っぱと仔イモと…賀茂なす(!)の炊きもん
賀茂なすなんて久しぶりに食べました(どういう食生活だろうか?)(笑)

祇園・たに本6

ご飯の代わりに冷たいおそうめんです。
これがまたあっさりしていて喉越しがいいのです。

【甘いもの】
祇園・たに本7

デンプンを練って黄粉をつけて葛餅風というかわらびもち風とうか…これもまた、あっさりとまとまっています。
美味しい~♪

以上、お昼のおまかせ料理で5千円/人です。
祇園だし、料理もとっても美味しかったし、まあそんなもんかな?と思います。
有名懐石店でもお昼の値段がずいぶんと下げてくれていますので、夜は無理でも(数万円しますからね)昼は狙い目です。

そしていよいよお店を辞そうというとき、舞妓さんが通りがかりしなに、お店の人に会釈しながら「こんにちわ」と挨拶されるのをぼ~っと(笑)眺めていたら、そのままこちらを振り向いて「こんにちわ」と私にまで挨拶をしてくださったのでした。
もちろん、この舞妓さんは私の知り合いではありません(笑)
当然もちろん、私が"旦那さん"ってわけでもないし(笑)

これが生の祇園、ってわけですね。


そして最後のお見送り。
花見小路の角を曲がってこちらの姿が見えなくなるまで、店の外に立ってお見送りをしてもらいました。

うう~ん。
さすがやわぁ。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
祇園・たに本12

祇園にあるとあるお店で発見~♪

へえぇ~こんなのを売っているんですね。
団扇とか千社札とかは、ごひいき筋に舞妓さん芸妓さんが渡していたものが、いまでは立派に売り物に…時代でしょうか。
ただし、「うちは許可をもろうてやってます」とお店の方は仰いました。
さすがにどこでもなんでも売っている、というのではなさそうです。

ちなみに、未だに人気が高いのは、とうに引退した"佳つ乃さん"やそうです。
ふぅ~ん?(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
始めまして
夜中にネットサーフィンで辿りつきました
京都には撮りに行くようになったのですが
美味しいお店はよく知りません

美味しそうなお店が満載なのでこれからの参考にお邪魔させて頂きます

京都の歳時記も参考にさせていただきますね(^^)

私のブログは平凡な写真ばかりですが よかったらお立ち寄りください
【2008/09/08 01:31】 URL | yume #8g7ZE2Jk [ 編集]

yumeさまへ。
はじめまして。
読んで下さってありがとうございます。
楽しんでいただけましたでしょうか?

手前味噌で恐縮ですが、京都は撮るところが(多分)多いと思います。
これからどんどんあちこち歩かれて楽しんでくださいね。

美味しそうなお店…はい、このたに本はとても美味しかったです。財布を気にしなければとってもシアワセになれると思います。

コメントをありがとうございました。
【2008/09/08 11:42】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]

たに本、なつかしいです
祇園・たに本で検索してやって来ました。

数年前の開店直後、通りがかりにそのまま店に入り、その後何度か寄らせて貰いました。良い店ですよね。

息子が生まれてからここしばらく行ってないのでまた寄ってみたくなりました。

ありがとうございました。
【2008/09/08 12:01】 URL | fukkie #- [ 編集]

fukkieさまへ。
こんにちわ。
たに本は本当に美味しいお店でした。
特にお魚が…なんでこんなに美味しくできるの?と驚くばかり。
財政上の理由から私は何度もいけませんが(笑)、節目には是非食べに行きたいと思っています。
あの味は、お値段の価値はありますよね。

コメントをありがとうございました。
【2008/09/08 15:11】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/156-3be7146b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。