洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅宮大社は春爛慢
梅宮大社の桜は八重桜。
よって咲くのも遅い。
満開も遅い。
だから、さくらまつりなどは、4月20日、つまり昨日行われたばかり。

「まだ桜が見られるよ!」
という情報を得て、行ってきました今日の午前中。
なるほど。
満開です!

【楼門と八重桜】
梅宮大社門前の八重桜

(☆ソフトフィルター(B)使用)
朝の光を浴びてとってもきれいです。
ここまでは光ってませんけどね…(フィルターってすごい。でも嘘つき)(笑)
イメージ映像として見ていただければよろしいかと思います。
私の目から心の中に通過してゆく途中では、こんなふうに変換されている、とお考えくださっても結構です(笑)

いや~青空っていいですねぇ。


【咲耶池と東屋】
梅宮大社 神苑1

(☆ソフトフィルター(B)使用)
神苑は入場料が500円。
でも閂はかかっているし係りの人は誰もいないし、だいたい社務所の受付に人の気配がない!
のんきな神社です。
インターフォンで受付おばちゃんを呼び出して、お金を払って神苑にいきます。
閂は入場者が自分であけます(笑)
でもって、最後の人が閉めておくようです。
なんというか……

入るなり目に飛び込んでくるのは"咲耶池"で、ここには初夏になれば菖蒲の群生が…!
そりゃあ見事ですから。
その時は大挙して観光客が訪れるので、その時分にはきっと、係りの人も受付の人もいるでしょう。
ついでに閂もきっとはずしてあると思われます。

咲耶池に東屋が…
その昔、私はこの東屋の方向から蛇が…!池面を泳いでわたって来るのを目撃してから、近づかないようにしています。
蛇が泳ぐのは知っているけど…やはりショックでした。(蛇大嫌い!)


【赤い花・白い花】
梅宮大社 椿

(☆ソフトフィルター(B)使用)
とってもきれいな椿…の落ち華と、今が盛りの白い小さな花。
この対比がとってもきれいでした。



【はなみづき】
梅宮大社 ハンミヅキ

(☆ソフトフィルター(A)使用)
さすがに、街の真ん中に咲いているのとは風格が…空気がきれいなんでしょうね。



【八重桜】
梅宮大社 神苑八重桜

(☆ソフトフィルター(B)使用)
情報に間違いはなく、神苑の八重桜はピンクも白も、満開。
一番きれいな時ではなかったかな、と思います。



【桜のアーチ】
梅宮大社 さくらのアーチ

(☆ソフトフィルター(A)使用)
画面には見えませんが…実はこの神苑には山ほどのあぶが。
頭の上を旋回したり背後からそっと(とはいえ羽音がうるさくてすぐばれるが)接近してきてみたり。
怖かったです~。
なんでくっついてくるんだろう?
私は香水はおろか、飴も食べてないし、ジュースだって飲んでないのに。

人間が好きなの?


【やまぶき】
梅宮大社 山吹

(☆ソフトフィルター(A)使用)
七重八重
花は咲けども
山吹の
みのひとつだに
無きぞ
かなしき 

この花を見るたびに、有名な歌を思い出します。
いわゆる日本の格調高い昔の歌、というのが、ダジャレでできているんだ!と大発見し感動した、小学生の私でした。



【お百度石】
梅宮大社 お百度石

信仰は続いている。
現代でも。
現在でも。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/14-075ee71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。