洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一乗寺
2008年5月30日
左京区一乗寺・詩仙堂へ向かう途中の道端にて撮影
(ソフトフィルター使用)

なにしろ結構な上り坂なので、途中で足を止め・花を愛で・撮影し・でないとしんどい(笑)


一乗寺下がり松3


まつばぼたん。
これぐらいはわかるんだけど…

撮ってからきがつく、花に蜂が…!


一乗寺下がり松1


このあたりの家は、庭からあふれるほど花々を育て咲かせています。
見事な光景。

一乗寺下がり松4


名前がわからにどころか…こんな花(?)見たこともないです。
これって、花ですよね?

⇒ と言っていたところ、cibaさまに教えて頂きました。(ありがとうございます♪)
「ブラシノキ」というのだそうです。
なるほど!納得!ですよね~。


一乗寺下がり松2






にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
<ブラシノキについて>

ブラシの木(ブラシノキ)は、通常、赤花をブラシの木やキンポウジュ(錦宝樹)と呼び、白花品種はマキバブラシノキ(槙葉ブラシの木)と呼ぶ。
ブラシ状をした鮮紅色または白い花序(花房)をつける耐寒性常緑小高木。
花房は雄シベの先に金粉が付いているように光る。確かに

花後に実がなるが、山火事にあうまで木についたまま種子を出さず、山火事にあって木が死んだら実が割れて種子が飛び散る性質があると言われている。す、すごい~

葉は緑色で堅い革質をしており、葉形は線形または被針形、船形。


一般名:ブラシの木(ブラシノキ)

学名:Callistemon peciosus

別名:カリステモン(Callistemon)、キンポウジュ(錦宝樹、赤花品種)、マキバブラシノキ(槙葉ブラシの木、白花品種)、ハナマキ(花槙)、ボトルブラッシュ(Bottle brush)、[ブラシノキ(ブラシの木、赤花品種)]

科属名:フトモモ科ブラシノキ属

原産地:オーストラリア

樹高:200~500cm 

花色:赤・白 花序高:6~10cm 

開花期:3~7月

葉長:7~10cm 葉幅:0.5cm
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
赤い花
今晩は。
いろいろ行かれてますね。
花の写真もソフトできれいですね。

赤い花は、ブラシノキでしょう。
正式にはカリステモンかな?
今日、若王子社近くでも見ましたよ。
【2008/06/01 22:47】 URL | ciba #- [ 編集]

いつもありがとうございます
こんばんわ、cibaさま。
いつも花の名前を教えていただいてありがとうございます。
助かります~。

今は休職中で、治療しながら遊んでいるというか、遊びの合間に治療しているというか…(笑)
目いっぱい楽しんでおります♪

それにしても、ブラシノキとは。
なるほど!
納得!(笑)
【2008/06/01 23:03】 URL | 翠雲 #YrGnQh/o [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/102-78826d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。