洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野仏庵から八大神社へ
【野仏庵】
野仏庵2


みどりの屋根の覆われたかに見える野仏庵の正面。
ただし、ここは閉鎖されているようで、横手の建物から入るようです…が、私が行ったときは誰もいなくてはいらずじまいでした。
道(門)は開いていたのだけれど、まさか勝手に入るわけにはいかない…。



野仏庵1


野仏庵を坂の下から見るとこんな感じです。
崩れかけた土塀が逆に魅力を醸し出しています。


【八大神社】
八大神社1


野仏庵のはす向かい、詩仙堂の隣にある神社です。
宮本武蔵が悟りを開いた場所だとか。
決闘を前に、神に祈ろうとした武蔵ですが、はっと思い立って止め、そのまま約束の場所へ駆けて行ったということです。
萬屋錦之助主演の映画のポスターやっスチール写真(白黒)などが飾ってありました。

「神は敬うものであって、頼るものではない」
神への祈りを武蔵がやめたのは、その思いからだったそうです。


八大神社2


武蔵のころの下がり松の古木がガラスケースに展示してありました。
ここの地名(バス停も"一乗寺下がり松")はここからきているのでしょうか。

そしてこの松の古木の隣には、宮本武蔵像が。
硝子に反射しているあおっぽいものがそうです。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

八大神社3


昭和10年ごろの絵図です。
手書きのものは本当に味がありますよね。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyukanzin.blog71.fc2.com/tb.php/101-6a812f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。