洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上賀茂神社 笠懸神事 其の四
上賀茂神社
2008年10月19日 撮影

陽が西に傾き始めるころ、笠懸神事が終わります。
参加者が整列し、神職がお祓いをし…それは始まりとおなじ。
神事ゆえの外せない行事です。

上賀茂神社 笠懸け神事D2

左肩の紋が迫力がありますね。
武田の四菱や梅、下がり藤や平家の蝶々までありました。

上賀茂神社 笠懸け神事D 1

【勝鬨をあげる】
上賀茂神社 笠懸け神事D3

最高得点者を奉行が判定し、太鼓を叩いて、勝鬨を上げます。

上賀茂神社 笠懸け神事D4

神職よりお神酒をいただく。
左の袖に金糸で刺繍されているのは蜻蛉です。
前へ前へとひたすらまっすぐ飛ぶ、その姿は後戻りをせずに馬を駆り弓矢を射る笠懸の象徴でもあるのだとかで、競技者は好んで刺繍するとのことです。

上賀茂神社 笠懸け神事D5

最期に私たちの前を通り過ぎる参加者たち。
神職を先頭に、騎馬の彼らまで、ひたすら感動して見送りました。

【縁起もの】
上賀茂神社 笠懸け神事D6

当り的を2,000円で販売しています。
中々当たらない的に当たったということで、縁起が良いのだそうです。

…とりあえず、縁起担ぎで一枚買って帰りました。

長々とお付き合いありがとうございます。
笠懸神事の記事は以上を持って終了いたします。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

上賀茂神社 笠懸神事 其の参
上賀茂神社
2008年10月19日 撮影

迫力満点の馬たちの写真です。
あんまり綺麗なので…つい…

上賀茂神社 笠懸け神事C

日本全国、3か所からでしたか?
集められたそうです。
7時間もの長旅をしてきた馬もいたとか…

上賀茂神社 笠懸け神事C1

だから行事が終わっても、なかなか運搬用の車には乗りたがらない彼らでありました。
気持はわかる。

上賀茂神社 笠懸け神事C2

足の速い馬になると、本当に一瞬のうちに目の前を通り過ぎてしまいます。
それはもう、一陣の風のようです。

上賀茂神社 笠懸け神事C3

上賀茂神社 笠懸け神事C4






にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

上賀茂神社 笠懸神事  其の弐
上賀茂神社
2008年10月19日 撮影

「笠懸」は、実戦を想定する武技であり、水平にしつらえられた板を射抜くだけではなく、馬の首越しに左下、あるいは右下、的も小さなかわらけ(素焼の皿のようなもの)を狙って矢を射る神事です。

戦場では敵はどこにいるか、どこから襲ってくるか分かりません。
何処に居てもどこからきても対応できるように訓練を積んだということです。


【扇がかえる】
上賀茂神社 笠懸け神事B15

終着点で扇がかえれば、準備万端怠りなし、出走よろし、の合図です。
それにしても大きな扇。
さぞかし重いことでしょう。

上賀茂神社 笠懸け神事B9

騎手は女性です。
男性と同じように、馬上で体が揺れません。
だから、狙いがつけやすいということですね。
これも武田流弓馬術。

上賀茂神社 笠懸け神事B8



上賀茂神社 笠懸け神事B13

スピードが…とにかく早くてついてゆくのが大変(笑)

【命中!】
上賀茂神社 笠懸け神事B11

小さなかわらけに見事命中しました。
目の前で見ることができて感激です。
この日かわらけに命中させたのは、ただこの一射のみ。
それだけでも凄いと思います。

【紙吹雪】
上賀茂神社 笠懸け神事B12

かわらけが割れると、紙吹雪が舞います。
眼では分からなかったんですが…あ、ほんとだ、と後で確認しました。

上賀茂神社 笠懸け神事B 1

次は反対方向へ馬を走らせ矢を射ます。
的は下右に、そして左下にと、難しくなります。

上賀茂神社 笠懸け神事B2



上賀茂神社 笠懸け神事B3

的が下方なので、騎手は前のめりになります。
手綱もなしで、足で締めるだけ。
怖くないのかな…。

上賀茂神社 笠懸け神事B4

乗馬も、その日初めて対面する、ということも珍しくないそうです。
ますます信じられない!

上賀茂神社 笠懸け神事B5

上賀茂神社 笠懸け神事B6

なぜこう右に左に上に下に、と難しい騎射を訓練するかと言うと…
平安末期から騎馬武者は、頑丈な大鎧で体を包んでいたため、致命傷を与えるためには、唯一の急所である顔面を狙うしかなかったわけです。

上賀茂神社 笠懸け神事B7

しかも、敵将がふと顔を動かした一瞬に狙わなくてはならない。
その技術を習得するためのものが「笠懸」だったわけです。
これは弓馬練達の勇士でなければ到達できない究極の射法とされました。

上賀茂神社 笠懸け神事B10

…で、この時代の名だたる武将、たとえば、平将門公・木曽義仲公・新田義貞公などは皆、顔面に矢を受けて絶命(陣没)しているのです。

う~ん。
どっちが楽なんだろう…?
でも顔は嫌だな、気分的に。

上賀茂神社 笠懸け神事B14

目の前で繰り広げられる迫力のシーンの数々。
思わず上がる歓声(命中したとき)とため息(外れたとき)。
会場は一体化していました。








にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

上賀茂神社 笠懸神事 其の壱 
上賀茂神社
2008年10月19日 撮影

年に一度、上賀茂神社で行われる奉納神事です。
笠懸というのは、馬に乗って的を射るもので、一般に流鏑馬と言われているようですが(私も言ってましたが)そうではないのだそうです。
馬に乗って的を射るのは、総称して「騎射」といい、その内容によって「流鏑馬」や「笠懸」などに分類されるのです。

日本書紀(720年成立)によると、雄略天皇(456年即位)の時代、牙船に最も威力を発揮するものとして笠懸の名が記されています。

その後、宇多天皇の時代に右大臣源能有公によって制定された「弓馬礼法」により、騎射には「笠懸」「流鏑馬」「犬追物(いぬおうもの)」の三つが記されています。

以上のように、戴いたパンフレットにはとっても詳細に説明文がつけられています…が、それを噛み砕いてアップしてゆくのは如何にも大変なので、いくつかに分けてちょっとづつアップして行きます。

まずは、実際に馬を走らせ矢を射る前に行われたいろいろなことから。


【騎射の前の神事】
上賀茂神社 笠懸け神事A 1

騎射、というのは今では関東が中心で、関西ではほとんど行われていないそうです。
特にこの笠懸に関しては、関西ではここ上賀茂神社で行われるだけであり、また、神事として奉納される笠懸というのは、日本では唯一ここだけ(!)なんだそうです。

平成17年に有志によって800年ぶりに復活しました。
迫力のある、とっても楽しい行事です。
これからもずっと続けばいいなぁ…と思います。

ちなみに御祓いやもろもろの準備で40分ぐらいかかりました(笑)


【邪を祓う儀式】
上賀茂神社 笠懸け神事A2

右回りで3度、左回りで3度、馬を同じ位置でぐるりと回します。

上賀茂神社 笠懸け神事A3

その後、天と地に向かい矢を構え、邪を祓います。

【順番を決める】
上賀茂神社 笠懸け神事A4

奉行から矢を戴き、笠懸の順番を決めます。

上賀茂神社 笠懸け神事A5

そう。
騎射の10人の中には3人の女性がいました。
すご~い♪
格好いい~♪

【垂れ幕】
上賀茂神社 笠懸け神事A6

なんで武田の四菱紋かというと…
騎馬軍団といえば武田家でしょう。
で、婚姻関係の細川家に弓馬故実の一切は伝えられたのですが、徳川幕府には伝えられなかったのです……
なんとなく、わかりますけど(笑)

現在は、社団法人大日本弓馬会が昭和7年から演武実践、伝承を担っているそうです。






にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

猫カフェ ねこ会議
2008年10月4日
中京区 「猫カフェ ねこ会議」 にて撮影

京都初(多分)の猫カフェがこの夏にオープンとのこと。
しかも町中。
交通至便。
早速…でもないけど、行ってきました。
癒されに。


【猫だまり】
猫カフェ ねこ会議3

昼日中。
猫は寝るのが仕事のようなもの…それにしてもこの籠の中に、一体何匹入っているわけ?
(答え:4匹でした)

【遊びよりもおやつ】
猫カフェ ねこ会議5

さんざん遊んでもらっていた猫たちも、おやつ(ネコ用ビーフジャーキー:100円也)の匂いには抗しがたいらしい…あっという間に集まる。
寝起きの猫までもが。
(いや、私を見て舌舐めずりされても…)

猫カフェ ねこ会議6

折角集まってきたので近写。
怪訝な表情をされました。

猫カフェ ねこ会議7

どう見てもあやしいやつ…と、思われているような。

猫カフェ ねこ会議2

われ関せず、と堂々たる猫も。
(タヌキに似ている…)

猫カフェ ねこ会議8

近くの人間より猫が気になる様子。

猫カフェ ねこ会議9

物思いにふける猫背の猫。

猫カフェ ねこ会議1

ジャーンプ!!
すごいすごい。

遊ばせ方が、とっても上手な人だったんです。
おかげさまで目一杯動いている猫を見て・撮ることができました。
感謝♪




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。