洛中閑居
今日は東へ、明日は西へ、 気の向くままにぶらぶらと、思いつくまま彷徨える 洛中閑居はそんな気ままな写真日記です
フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



プロフィール

洛中閑人

Author:洛中閑人
「洛中閑人」のブログ『洛中閑居』へようこそ♪
ほっこりしていってください♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブックマーク



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村藤吉本店 再び
2008年8月30日 
宇治市 中村藤吉本店 にて撮影

あれから早々と二度目の来訪となりました。
だってJR宇治駅まで用事できたんだから。
ここまで来たら寄らないわけにはいきません(笑)ってわけで。


【今日のお昼ごはん】
中村藤吉本店再び2

比較的空いていたのは夏休み最後の週末だからか?
それとも雨模様の天気だったから?(私はレインシューズを履いていました)

遅めのお昼ご飯は、「冷藤吉うどんセット」(碾茶の粉を振りかけたご飯&お漬け物とミニスイーツが付く)(980円也)。
相棒は「夏ランチのうどん」(やはり同じご飯&お漬け物とミニスイーツ付き)(1,100円也)です。

ちなみに、茶そばならぬ、茶うどんなので麺の色はお茶色です。

ボリュームたっぷりなのでこれだけでおなかいっぱいなのですが……

中村藤吉本店再び3

その、ミニスイーツがこれです。
生茶パフェのミニ版。
梅干しを漬けておく甕みたいなのに入っているなぁ…と、そんなことを考えていました。

中村藤吉本店再び1

席の後ろにこんな調度が。
障子に書かれているのは「いろはにほへと」です。

……どうでもいいことですが。
自慢ではありませんが(笑)全部言えます。
なんでかというと…和文タイプを昔かじったことがあるからです。
学生時代の話ですが。
わかる人にはわかると思います(笑)

中村藤吉本店再び5

中村藤吉本店自慢の庭園では、蓮もすっかり終わり(穴だらけになっていた…)鬼灯が綺麗な朱色に色づいていました。

中村藤吉本店再び4

こんな花とかも…。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

だるま寺(法輪寺)
2008年8月26日  撮影

雨の続く8月最後の週、雨の合間を縫って寄ってきました。
法輪寺。
通称を"だるま寺"と言います。


【達磨と芙蓉】
だるま寺1

芙蓉で有名なお寺です……が、ずいぶんとすっきりとばっさりと刈り込まれていて、芙蓉は数えるほどしか見当たりませんでした。
ああ~遅かったかな~。


だるま寺3

雨はちょうど上がったところ。
水も滴る…?

だるま寺4

白もあります。
まだ綺麗ですね。

だるま寺5

だるま寺7

靴箱の上にも達磨。

だるま寺9

木陰にももちろん達磨。

だるま寺8

雨のせいか緑が生き生きしています。

だるま寺6

本堂には牛もいます。
お庭には百日紅が花盛り。

【むくげ】
だるま寺10

芙蓉だけではなく、むくげの花も咲いていました。

【のうぜんかずら】
だるま寺11

受付のすぐ横に咲いています…というか、ぶら下がっていますというか。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

冷やしるこ ~源氏絵巻風~
2008年8月17日
祇園・八ツ橋茶屋にて

冷たい夏のおやつ…ということで、亀屋良長のかき氷に引き続き…

八橋1

夏限定の冷ししるこだということで、行ってきました。
近くにはかの有名な都路里があり、相変わらず歩道にまではみ出す順番待ちの盛況ぶりでしたが、こちらはすっと入れました。
この暑いさなか、外で待つのは嫌です。

は~よかった。
(雑誌に取り上げられた当時はここも随分待たされたものです)

八橋2

四条通りからとんとんとんと階段をあがり、お店に入ります。
中から外を見たお店の様子はこんな感じです。

甘いものばかりではなく、おうどんなんかもあります。
もちろん、八ツ橋も(笑)

八蓮3

これがその、<源氏絵巻風>というやつです。
緑色の雲のような飾りのような…が抹茶です。

金箔が雅な平安貴族のイメージを表しているんでしょうね。
それとも絵巻物に時々黒ずんで残っている金箔かな?

塩昆布も美味しかったです。

そして、傍らにそっと、さりげなく八ツ橋が付いているのがいいでしょう?(笑)
さすが。

これで800円。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

送る火
左京区松ヶ崎
2008年8月16日 撮影


【大文字】
大

東山に燃える火です。
丁度鹿ケ谷(俊寛僧都の鹿ケ谷山荘事件で有名)の上あたりに位置します。
北山からだとずいぶんななめって見えますね。

おまけに三脚なしなのでぶれるぶれる…
見にくいのはどうかご容赦ください。

【妙】
妙

南無妙法蓮華経…の「妙」です。
かつての松ヶ崎村は、日蓮宗の村でした。
だからご近所の比叡山(天台宗)とはよく喧嘩をしたとかしなかったとか…いろいろな話が伝わっています。

この夜も、送り火を背景に、南無妙法蓮華経を唱えるお坊様と信者の方が家々を回っておられました。

【法】
法

妙、とくれば「法」の字です。
北山通りを挟んでなのでどうしても電線や屋根やいろいろなものが見えます…っていうか、低い位置ですぐ近くにあるものだからどうしてもこうなるわけです。
これは仕方がない。
そう思うといろんなものが映っているような気も…。

私の小さい時は、松ヶ崎にあった郵政省の保険局(まだあるけどだいぶ機能は変わりました。郵便局自体がなくなったし…)の屋上で松明を振り、それを合図に大文字の点火がされたのです。
いや、ほんまですって。
ほんまにひとかかえもあるような大きな松明をぶんまわしていたんですって。

たかだか4階だか5階建ての保険局が、当時はとっても高い建物で、そこからなら一望できたということですね。
私も小さい時はここが指定席でした…今思えば贅沢な話です。

人々

見物の、否、お見送りをする人々です。
霞がかかったお月さんでしたが、それなりに明るいというか、まあ蹴つまずかない程度の明るさはありました。
それでも松ヶ崎は…四条あたりに比べるとうんと暗い。
夜を夜としてちゃんと認識できます。
羨ましい限りです。

【舟】
船

最後のこの船の写真だけは、私ではなく妹が望遠で撮影したものです。
ずいぶん歪んでますが…また三脚なしなので…(笑)
私のはもっとブレがひどかったので借りてきました。






にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

北山あたり
京都市左京区松ヶ崎
2008年8月16日 撮影

8月16日は大文字の送り火の日。
松ヶ崎は私の生れ故郷ですが、今は叔母が一人住むのみ。
都合のよい時は、大文字の送り火にご飯付きでご招待いただけます(ラッキー♪)

夕方ごろの北山付近です。

北山3

「法」の火床が見えます。

北山1

百日紅の花盛り!

北山2

北山4

ノーザンチャーチ…つまり北山教会のオブジェ。
ここは人気の結婚式場なのです。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

初かき氷
2008年8月15日
和菓子処・亀屋良長にて 

空

こ~んな雲が出ているような一日だったので。

かき氷1

かき氷を食べに、ご近所の(ベランダから見える)和菓子屋さん、亀屋良長へ行ってきました。
それも夕方から…。
日よけの簾が涼しげですが…とっても厳しい陽ざしなのです。

【白玉いちご】
かき氷2

私たちにとっては、今年初もののかき氷です。

こちらのかき氷は白玉が3個もれなく付いてきます。
因みに白玉は無味。
甘くはありません。
だから甘いものにくっついてくるんですね。

【白玉ミルク金時】
かき氷3

なんだか妖しいモノのようですが…かき氷です。
私の好物です。

ここで体を冷ましてから家に帰りました。

…あっという間に暑くなりましたが(笑)
まあ、気分ってことで。






にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

向日葵
京都府亀岡市
2008年8月14日 撮影

夏の花・ひまわり。
夏と言えばこの花でしょう。
秋のコスモス園は知っていましたが、夏にひまわりを育てているとは知りませんでした。
コスモスを咲かせる敷地の1割にも満たない敷地面積ですが、それでも向日葵の向こうにまた向日葵、その向こうにまた…と群生する向日葵の迫力を十二分に味わうことができました。

そしてなんと、入園無料!
近隣の方が野菜を安価で売られてます。

向日葵12

空模様はいまいち…毎日炎天下のくせに、今日に限って…!

向日葵6

朝から雨で、空には暗雲が…時々顔をのぞかせる青空を今!とばかりに背景に。

向日葵4

"珍しく"蜂がいない向日葵です。
この暑い中、蜜蜂がせっせせっせと働いておりました。

向日葵7

向日葵の向こうに向日葵が…これが群生の醍醐味、ですね。

向日葵3

皆が皆、同じ方向(南)を向いて咲く向日葵。
後ろ向きのひまわりがなんとなく…愛おしくて(笑)

向日葵8


向日葵10

向日葵の大きな葉の下に、コスモスの花が一輪。
そろそろ秋の気配を感じてもいいのかな?





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

夜の梅花藻
2008年8月9日 夜

7時半から9時まで、梅花藻が咲いているポイントだけ、ライトアップがされます。
幻想的で綺麗でした。

その時間まで、地蔵院とか橋の欄干(石作りでベンチになっている)とか醒井木彫美術館のベンチで時間つぶしをしていました。
西の空になんだか不穏な稲光の輝くのを見ながら(笑)
やぶ蚊と戦いながら…(笑)


【醒井宿資料館前】
夜の 梅花藻 1

子供が持っているますのようなものは、これ越しに水中を覗くとクリアに見えるという便利アイテムなのです。

夜の 梅花藻2

夜の 梅花藻4

夜になっても頭をもたげて咲いている…えらい!

夜の 梅花藻5

これは水中の梅花藻。

夜の 梅花藻6

蛍の飛んでいるように見えました。





にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

醒井(さめがい)の梅花藻 (夕方~)
滋賀県米原市醒井(さめがい)
2008年8月9日 撮影


滋賀県から名古屋へ向かう東海道本線には、醒ケ井(さめがい)という駅があります。
ちゃんと新快速も止まります。
京都から東に向かおうとしてJR西日本のHPで探したら出てこなかった駅名だけど…そりゃそうだ!
と途中で気が付きHPを探し直しました。
ここってJR東海の縄張りや~ん(笑)

米原まで各駅停車。
京都から約1時間かかりました。
そこで乗り換えて5分。
だって次の駅ですから。

米原に停まる新幹線が減ったせいか(のぞみが悪いんじゃないか?)お土産物屋がなくなって、妹が"ひこにゃんグッズ"を買うという野望はあっという間についえました…。あーあ。

醒ケ井(さめがい)というのは、東海道の宿場町だったそうです。
いまも「昔は旅館だよね?」という古い建物が残っています。

目的は、町の中を流れる清流・≪地蔵川≫とそこに咲く、≪梅花藻≫を見るためでした。
昼は暑くて嫌なので(笑)夕方から夜にかけての風景を見に行ったのです。

到着したのは夕方の5時少しすぎ。
それでもこの陽!


【地蔵川】
梅花藻 1

年平均水温 14℃前後。
居醒の湧水を源流とする地蔵川です。
橋の向こうには一般家庭(優雅~♪)
石の階段で川まで降りられるようにして、花を漬けておいたりビールやジュース、スイカや野菜を冷やしたり…なんてすばらしい光景なんだ!(美味しそー!!)と、私たちは遠慮して、手だけ水にひたしてバシャバシャやってました。

写真の中央やや右に白い小さなものが固まっています。
それが梅花藻の花。
頭の上には百日紅
この赤い花びらが落ちて、梅花藻の白い花と綺麗にコントラストを見せてくれます。

私たちが訪れたこの日、花の咲き方は6~7分咲き、と言ったところでしょうか。


【水の中の梅花藻】
梅花藻 7

花の咲き始めはまだまだ水中で流れのままにふわふわと…。
湧水で清流で、なにしろ<湖国十景>に選ばれているというだけあり、水底の石まで見える美しさです。
この藻の中に珍しい(幻の?)魚・ハリヨが隠れていると言う話なのですが…見ることは叶いませんでした。(地蔵堂に水槽があって、観ることはできます…なんだか知らないけど、蟹まで一緒に入ってましたが)
同じように観光に来ていたおばちゃんが、「ばいがも」と強調していましたが、鴨はいません。


【梅花藻】
梅花藻 5

こうして花を水面に持ち上げるのですが、水の流れは結構きついのに、なんという生命力なんだろう、とおもいます。
(ソフトフィルターB使用)

梅花藻 2

水面すれすれで見るとこんな感じです。

梅花藻B

ところどころにある赤いモノは、頭上の百日紅から落ちた花びらです。

梅花藻 8

旧問屋場、今は醒井宿資料館になっている建物(WCあり)の前あたりに綺麗に密集していた梅花藻です。

梅花藻 6

翠の梢の下は緑の闇が広がる…川面を走る風がとっても冷たくて気持ちが良いのです。
水温が低いおかげですね。

すごくゆったりとした森閑とした風景に見えるかもしれませんが、ここは頭上は蝉の大合唱、足元はやぶ蚊の不断の攻撃にさらされる場所なのです。

梅花藻 9

とんでもなく立派な百日紅が!

【地蔵堂】
梅花藻 10

石段を降りて、手を水にひたしたり、お地蔵さんにあげる花を付けておいたり洗ったり…。
ひんやりとしてクーラー要らずの気持のよい場所です。

【居醒の清水】
梅花藻 15

湧水がこんこんとつきることなく流れます。
この湧水があの地蔵川を作っているって…なんか凄いですね。

【夕暮れ】
梅花藻 11

そろそろ…ついでに遠雷が。
降らないようにと祈ってました。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

向日葵
2008年8月7日
堀川丸太町界隈 にて撮影

バスの車窓から見えていました。
すくすくと背丈を伸ばし花を咲かせ、育ってゆくのを見ていました。

ただ…途中下車する勇気がなかっただけです(だって暑いから)(笑)


向日葵1

向日葵はおひさまの方を向いて咲きます。
それは太陽神・アポロンに恋をした娘が姿を変えた花だから、というのがギリシャ神話。

だけど向日葵は、ここでは陽が昇る東をじっと見つめているだけです。

向日葵2

頭が重い~!

向日葵3

もう観念。
追いかけるのに疲れたのか、この花はあさっての方向(西北)を向いていました。
溜息でもついていそう…。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

中村藤吉本店…へ行ってきました。
宇治市・中村藤吉本店
2008年8月2日 撮影

松風さまのブログ「京・壺螺暮(こらむ)」でこういうところがあると教えて頂き、丁度宇治に出かける用事もあったので、足を延ばして行ってみました。

京阪宇治駅を行動の起点としている私には、まあまあいい距離の散歩となりましたが(平等院より遠い気がします)、商店街のお店などを覗きながらのぶらぶら歩きには、ちょうど良い距離かもしれません。


【中村藤吉本店】
中村藤吉本店1

JR宇治駅のま正面、道の"どんつき"(突き当り)に中村藤吉本店があります。
お茶屋さんですが、中庭を見渡せる広い場所では喫茶(食事可)もできます。

創業、安政6年。
私が知らなかっただけで、お茶の老舗です。

「早めに行った方がいい」と言われたとおり、到着したのは午前11時ちょっとすぎ…なのに店はほぼ満員状態。
たった一つ空いていた二人掛けのテーブルに、運よく待ち時間なしに案内されて、本当に「ラッキー☆」です。


中村藤吉本店6

暖簾をくぐって入ると、そこは薄暗く、お茶の匂いが漂って…わずか数歩で別世界です。

中村藤吉本店7

入口近くの売店部分です。
かわいいこれは、まねきねこ…?

"焙茶のシフォンケーキ"と"グリーン・ティ"を買いました。
抹茶のシフォンケーキはよく見るけど、焙茶のシフォンケーキ…???

中村藤吉本店5

中庭の向こうが喫茶(カフェ)部門です。
ゆったりとして気持ちの良い空間です。

ク-ラーは入っていますが、窓は開放されていて、本当に贅沢な空間…
でも気持ちはよかった♪

普段はどうやらこの渡り廊下まで、人が順番待ちをしている様子です。

中村藤吉本店4

外の部分。
中々おしゃれですね。
いかにもカフェ。
テーブルのすぐそばを車がとおる町中のカフェとはずいぶん違います。

中村藤吉本店2

お洒落なランチョンマット。
こう言う小物も良心的価格で販売してました。
とはいえ、麻。
そこそこのお値段なのは当たり前。

【抹茶生ゼリー】
中村藤吉本店3

720円也。
このお店のお勧めです。
生ぜりーが、甘くなくて、とっても美味しいんです♪
因みに容器は竹の筒。
この容器は本店だけだそうです。(支店は京都駅にもあるようです)

【中村茶】
ナカムラ2

お店の名を冠したお茶。
とーっても美味しく頂けました。
熱いお湯をそのまま右上の容器に注げば、渋みのある煎茶風。
一旦お茶碗をお湯で温め(お湯の温度を下げ)それから容器に注いでのめば、甘みのある玉露風。

お湯もたっぷりあるので、ゆっくり楽しめました。

単品なら480円ですが、スゥイーツ(抹茶ゼリー)と一緒だったので100円引きです。
しかも抹茶羊羹つきだし(笑)

中村藤吉本店9

庭には蓮の鉢もあり。
ずーっと散水機で水がまかれているので、背景に水しぶきが飛んでいます。
それも涼しさの演出でしょうか。

ナカムラ3

只今、物色中…(笑)
お腹が満足すれば、やることは決まっています。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪
[READ MORE...]

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

妙蓮寺
2008年8月1日
妙蓮寺 にて撮影

西陣界隈をうろついたついでに、堀川を渡って妙蓮寺まで足を延ばしてみました。
境内はあちこち修理中ですが、花を愛でるのに障害はありません。


【木槿】
妙蓮寺1

暑い盛り。
白いむくげの花が綺麗に咲いていました。

これは八重でしょうか?


妙蓮寺2




【芙蓉】
妙蓮寺3

妙蓮寺の境内にはたくさんの芙蓉が植わっています。
まだ開花には早いようですが、一部気の早い花が咲き始めていました。

妙蓮寺4

目線より高い所にあるものも多いので、苦労します(笑)

白くふんわりと、まるでドレスのように。

妙蓮寺5

蕾がいっぱいついていますね。
これは期待ができそう…

妙蓮寺6

本堂の正面にある芙蓉の中で、咲き始めていた朱色の花。
これはひときわ目立ち、帰りかけた私の足を留めました。

ただ、この花…人の顔ぐらいある大判なんです。




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

西陣散歩
西陣界隈にて
2008年8月1日 撮影

ちょっと気が向いたのと、出かける用事があったのでついでに西陣あたりをうろうろしてきました。
徘徊ではありません(笑)
あくまでもうろうろと…散歩です。

でも、散歩というには遠すぎるし、うろうろするにはちょっと暑すぎたかなー。


【教蔵院のさるすべり】
教蔵院のさるすべり

夏です。
そうなればこの花です。

実は夾竹桃との区別がつきません。
夾竹桃はもっと葉っぱがとんがっているような…気がするけど。

【むくげ】
西陣むくげ2

自宅の塀際に大木を育てておられる家があり、見事に花を咲かせていました。
人さまの家に向ってシャッターを切るのは大変度胸のいるものです。

空き巣の下見だと思われたらどうしよう…?
とか(笑)

びくびくしながら(?)なるべく建て物等がファインダーに入らないように撮影しています。
もちろん、たまたまその家の方と遭遇すれば、撮影の許可をいただくのですが…この暑い日中に外に出てくる人ってまずいないんですよね。

【朝顔】
西陣の朝顔

裏千家関係の住宅地の一角に朝顔が…!
なんて立派でなんて堂々と咲いているんだろう、と感心しました。

…もうお昼に近いということは置いといて。

【妙顕寺のみどり】
妙顕寺

涼(=木陰)を求めてはいりました。
花はありませんでしたが(残念)翠はいっぱい。
そして蝉の声が…




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 参加中♪

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。